毎朝の1人会議のすすめ!溜まったタスクや問題を効率的に処理する1人戦略会議のやり方

ブブ男
「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」とタスクや問題に追われている方には 、毎朝の1人会議がおすすめです。この記事では1人会議の具体的なやり方について紹介しています。

フリーランスや個人事業主、経営者、クリエイターの方はひとり会議をしなければならない場合が多々あるかと思います。

「仕事を請けるかどうか」「リソーセス(お金や労働力)をどう配分するか」「新しい事業を興すかどうか」「興すなら何か」、「レイアウトはどうするべきか」…ひとりで決めるべきことは多々あります。

学生や会社員の方も、大なり小なり毎日決断にさらされています。「ものを買うかどうか」「英語を勉強するかどうか」「転職するかどうか」「ブログに何を書くべきか」…。

重要な決断をするときや、何かに煮詰まったときには「ひとり会議」を行いましょう。

出典:サルワカ

サルワカ | サルでも分かる図解説明マガジン

効率的な一人会議の方法をまとめました。「問題を解決したいとき」や「アイデアを出したいとき」に活用できます。…

この記事を読んでの学び

■1人会議のやりかた

  1. 直面している問題をすべて書き出す
  2. 問題の原因を突き止める
  3. それぞれの原因を掘り下げる
  4. 解決するべき問題を選ぶ
  5. 解決策を洗い出す
  6. 具体的なアクションを決める

出典:サルワカ

今回ご紹介する記事はサルワカさんのブログで、僕も毎朝の習慣として行なっている1人会議のやり方が詳しく解説されています。

1人会議とは頭の中の考え事を整理してやることを明確にする場であり、仕事の問題はもちろん私生活での問題にも使えるライフハックになります。

1人会議については山崎拓巳さんの書籍が有名ですね。読みやすくて個人的にもオススメの一冊です。

1人会議のコツ

今回ご紹介した記事や書籍の中でも書かれていますが、1人会議はできるだけ早朝の時間に、誰にも邪魔されない場所でやるといいです。

1人会議のコツ

  • スケジュールに1人会議の予定を入れる
  • 誰にも邪魔されない場所でやる
  • 1人会議を始めることを心の中で宣言する

出典:1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書

私は朝一の10分はスケジュールをブロックして、今日一日すべきことを考える1人会議の時間を作るようにしています。

会社ではなかなか1人会議の時間を作るのが難しい方は、少し早起きをして家や喫茶店でやるのもいいですね。もちろん電車やバスなど通勤の時間を有効活用するのもオススメです。

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃとと目の前のタスクが処理しきれずパンクしてしまう方は、毎朝の1人会議を習慣化してみてはいかがでしょうか。

ひとり会議では問題解決のためのアイデアを仮説思考で出していくので、ビジネスとして非常に重要な仮説思考のトレーニングにもなるはずですよ。

仮説思考についてはこちらの「仮説思考で仕事のスピードが爆速化!効率的・効果的に仕事が進む仮説思考の重要性とコツについて」も是非チェックしてみてください。

この話題についてみんなの意見

広告