オプション思考の手順とコツを解説!仮説立案と意思決定に必須な思考法

ブブ男
意思決定が中々できない人、適切な仮説をたてることができない人におすすめの記事です。

行動を起こす際、最終的に実行する施策は一つだったとしても、その意思決定を行う過程には複数の選択肢が存在します。

オプション思考は、この「選択肢」にスポットを当てた思考法となります。

日々の意思決定に課題を感じている方、思考が盲目的になってしまうという問題を抱えている方などはぜひチェックしてみてください。

出典:hirameki

企画書・提案書の書き方なら「ひらめきEX」

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回は問題解決に取り組む上で知っておくと活きる思考法、「オプション思考」についての…

この記事を読んでの学び

オプション思考の活用手順

  1. 考える対象となる課題を選定する
  2. 最低3つ以上の選択肢を考える
  3. 選択肢を比較できるレベルに具体化する
  4. 評価指標を置いて選択肢を評価する
  5. 最終的な意思決定をする

参考出典:hirameki

今回ご紹介するのはhiramekiさんのオプション思考について解説した記事です。

オプション記号とは常に複数の選択肢を持ち、複数の選択肢を俯瞰して評価・選択を行う思考方法です。

重要な意思決定や仮説を立案する際にとても効果的で、1つの案に決め打ちで考えるよりも知識や経験によるバイアスを排除し、精度の高い行動に繋がる思考法として知られています。

オプション思考とは、複数の選択肢を持ち、総合的かつ客観的に意思決定を行う思考法です。

問題の原因を考える際やアイデアを検証する際など、一つの選択肢に盲目的に依存するのではなく、考えられる選択肢を俯瞰し、評価・選択を行います。

また、複数の選択肢を考慮しておくと、方向修正が必要になった場合にスムーズに動きやすいというメリットもあります。

出典:hirameki

オプション思考は仮説立案にも効果的

オプション思考は意思決定のときの思考法として有名ですが、意思決定をする上での選択肢を用意するための手法なので仮説思考の1つでもあります。

仮説思考で仕事のスピードが爆速化!効率的・効果的に仕事が進む仮説思考の重要性とコツについて

仮説思考は与えられた情報をもとに仮説を立ててから行動する思考法で、効率的に仕事を進める上で非常に重要な考えとして知られています。

ただし1つの仮説を決め打ちで考えても、本当にその仮説が正しいかの判断をすることは難しいですよね。

自分の中でとても完璧な仮説を準備しても、「他にもっとベストな方法があるのでは?」と上司に言われたときに、1つの仮説だけしか考えてなければ自信を持ってYesと答えることはできないでしょう。

だからこそ仮説を立てるときはオプション思考が重要であり、複数の仮説を立てそれぞれを比較した上でベストな答えを導くことが大切になります。

仮説を立てる時もオプション思考はとても重要
複数の仮説を用意することでより効率的にベストな行動に写せる

選択肢を判断する判断軸の設定が重要

ちなみに今回ご紹介したhiramekiさんの記事では、選択肢を評価するプロセスで「評価指標を用意して選択肢を評価する」という解説がされています。

評価指標を用意し、それぞれの選択肢を評価します。

重要性、実現性、収益性、将来性、リスク、リターン、ユニークさ、インパクトなど、状況や目的に応じた評価指標を設定します。3段階で数値化するなど、定量的に評価できると分かりやすくなります。

実は複数の選択肢からベストな選択をする上でこの評価指標は非常に重要で、この判断軸がイマイチなものであれば間違った答えを導いてしまいます。

出典:hirameki

評価指標に何を置くかは目的によって変わってきますので、目的と選択肢を踏まえた適切な評価指標を置くことも忘れないようにしましょう。

選択肢を評価する上で指標(判断軸)はとても重要。間違った指標を置いてしまうと、間違った答えを導いてしまうことになるので注意が必要。

この話題についてみんなの意見

偉大な先人に感謝!フレームワーク思考で仕事のアウトプットを最大化する方法と注意点

革新的アイデアを生み出すゼロベース思考とは?コツや事例をわかりやすく解説

広告