仮説思考で仕事のスピードが爆速化!効率的・効果的に仕事が進む仮説思考の重要性とコツについて

ブブ男
仕事のスピードを早めるためには仮説を立ててから行動する、いわゆる「仮説思考」が重要です。

変化が激しく不確実なことが多いビジネスシーンでは、1つの結論にこだわっていては融通性に欠け、変化に対応することができません。

仮説を基に、状況に応じて修正しながら行動する柔軟な考え方が必要になります。

また、集めた情報がすぐに陳腐化したり、情報不足になってしまったりする恐れもあります。

「正しい答えが出せないから」と思考停止してしまっては、なかなか行動に移すことができません。

仮説を立てて行動することにより、よりスピーディーな対応が可能になるのです。

出典:日経XTECH

日経 xTECH(クロステック)

 仕事をスピードアップしたい。そんなときに役立つのが「仮説思考」です。仮説思考とは、手元にある限られた情報を基に「仮の結…

この記事を読んでの学び

仮説思考のプロセス

  1. 状況の分析
  2. 仮説の設定
  3. 仮説の実行
  4. 仮説の検証
  5. 仮説の修正

出典:日経XTECH

日経XTECHさんの記事で仮説思考の重要性と具体的なやり方が紹介されています。

仮説思考とは与えられた情報や知見をもとに仮説を立てて行動するといった思考法で、網羅的な考えで行動するより効率的に仕事を進めることができます。

仮説思考のメリット

例えばAという商品がなぜ売れたかの命題に対して、仮説思考でない人はデータを網羅的に確認してしまうので、最終的なアウトプットまでにかなりの時間を要します。

一方で仮説思考では一定の情報をもとに仮説を立て、その仮説を検証するためのデータを出していきます。検証した結果仮説が間違っていれば、仮説を修正をするサイクルを繰り返します。

もちろん最初の仮説で100%の答えを導くことは難しいですが、網羅的に情報を集めたり行動するよりは、効率的にゴールに到達するこが可能です

このように仮説思考は仕事をする上での無駄をなくすことができ、結果として様々なメリットを生み出してくれます。

仮説思考のメリット

  1. 仕事のスピードが速くなる
  2. 論点を絞ることができる
  3. 行動の制度が高まる

仮説思考のコツ

ご紹介している記事では仮説思考をする上での具体的な手順が詳しく紹介されていますが、明日すぐに仮説思考が身に付くものではありません。

仮説思考を高めるためには仮説をたてることを習慣化することはもちろん、仮説を立てられる情報の引き出しを増やすために、日々のインプットを増やすことも大切になります。

仮説思考のコツ

  1. 行動する前に考えるクセをつける
  2. 最終のアウトプットを考える
  3. インプットを増やす

「周りと比べて仕事が遅い」「何から手をつけていいか分からず仕事が前に進まない」そんな悩みをお持ちの方は、紹介した記事を参考に仮説思考を学んでみるといいでしょう。

漫画で仮説思考が学べるといった書籍もあるので、活字が苦手という方にはこちらがオススメです。

この話題についてみんなの意見

広告